主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

調理師

調理師 とは

調理師

食事への関心やこだわりは高まっている、現代。
調理のスペシャリストとして調理師は広く求められています。

衛生面においても正しい知識をもっている人は食の現場ではなくてはならない存在です。
調理師はどの分野でももっともベーシックな資格です。

こんな人に向いている

画像の説明

料理をつくることに喜びを感じられる人、食べることが好きな人に最適です。
立ち仕事なので体力にも自信がないひとはあまりおススメできません。
調理だけでなく栄養学もななびますので専門知識を持ち、食生活の向上をめざしていけば、やりがいは増すでしょう。

資格を取れる人は?

調理師とは、調理の業務に従事することができる人として、当道府県知事が発行する免許です。
調理師というと、「調理師学校を卒業しなきゃ、取れないんじゃないの?」というイメージを持つ方もおられますが、中学校卒業以上の人が、調理関係の仕事で2年以上実績を積めば、受験資格をもらえることができるのです。
(ちなみに調理師養成施設を卒業した方は、無試験ですけどね・・・)

仕事はここにある

病院や学校などの給食施設からレストランや喫茶店、ホテルまで就職する場所はいくらでもあります。
繊細さや色彩のセンス、ソフトな接客術をいかそうと、女性の調理師をほしがるお店や企業も増えてきました。
最近では、飲食業界の海外進出も盛んなので、海外にはばたく女性調理師もいるようです。

資格取得のポイント

試験は筆記試験のみです。合格のめやすは6割以上の正解率ですし、定員制試験ではないので合格ラインをクリアすれば資格を取ることができます。
試験は都道府県ごとに実施されています。複数の都道府県でかけもち受験も可能とのことです。

資格を上手に活かそう

資格を取ったから終わりではなく、資格取得からスタートです。
そのあと、どのように実力をつけるかはその人次第です。

調理師の資格を得られれば、食品衛生責任者の資格も取れるので、オーナーになったり、シェフやペンションの開業をめざす女性もいます。

将来はこうなるだろう

有資格者は、飲食業界だけではなく、講習会を通じて成人病対策を指導する、自宅で料理教室を開くなど地域に密着した活動が期待されています。
より高度な調理技能師などの国家資格をめざし、働きながらキャリアアップする道もあります。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析