主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

自分に合った勉強スタイルとは?

自分に合った勉強スタイルとは?

女性の資格

資格を取ろう!と決意したら、そうやったらその資格を取れるのか、考えてみましょう。
資格を取るためにはそれなりの勉強が必要ですよね。
なので、学ぶ計画を立てましょう

資格を取るために必要な勉強方法は、大きく分けると3つあります。
1つ目が「専門スクールに通う」、2つ目が「通信教育を受ける」 そして、最後の3つ目が「独学で学ぶ」です。

このように資格を取るための学習法はありますが、それぞれのメリットとデメリットがあります。

「専門スクール」に通う

メリット

  • お金がかかるので「絶対に合格してやる!」という思いになる。
  • らないところがあれば、すぐに先生に聞ける
  • 仲間ができて励ましになる

デメリット

  • 時間の使い方が学校のスケジュール中心になる
  • 費用が膨大にかかってしまう

上手なスクールの選び方

  • 学校案内をまずは取り寄せます。
    ここでのチェックポイントは、勉強したい時間帯に授業はあるかどうか、交通の便はどうか、費用は予算の間で収まるか、などをチェックすることです。
  • 実際に授業を見学してみましょう。受講生は女性が多いか、年齢層はどうか、自習室はあるかなどをチェックです。
  • 出席できない授業をほかの曜日や時間帯に振り返られるシステムがあるかどうかも聞いておいた方がいいでしょう。そのようなシステムがない場合は他のスクールを探すか、ほかの勉強法を考えたほうがいいかもしれません。

「通信教育」を受ける

メリット

  • 時間に縛られないので自分のペースで学習できる
  • 費用が比較的安い
  • 受ける講座によっては質問に答えてもらえる

デメリット

  • 一人で学習することになるので強い意志がないとできない。

通信教育の上手な活用法

  • まずは、いろいろな通信教育のパンフレットを取り寄せます。
    最近では通信教育も工夫されていて、テープやDVD、ビデオなども付属されていて、いかにも一緒に授業を受けているような臨場感のある学習ができるようになっています。
  • 分らないところは電話やメールで質問に答えてくれるシステムのところもあるようです。
    そのような丁寧に指導アドバイスしてくれるところはおススメですね。

通信教育の良いところは、外出しにくい人でもマイペースで学習できるところです。しかし、人の目がない分、つい怠け心が働いてしまうことも。それがデメリットでもあります。
教材が定期的に送られくるところもあるので、自分で時間割をつくるなど自己管理能力が必要でしょう。

とにかく、スクールに通うよりも費用が安いですし、時間も自由なので主婦にはおススメです。最後までやりぬくことができる強い意志をもった方には向いていると思います。

「独学」で学ぶ

メリット

  • かなり安い費用ですむ。(参考書と問題集だけ)
  • 自分のペースで勉強ができる。

デメリット

  • 一人で学習することになるので強い意志がないとできない。
  • 分らないことがでてきても誰にも質問できない。
  • 最新の情報を手に入れることができないので効率よく学習できない。

独学で学ぶためのポイント

独学の良いところは、費用が安くすむところです。「資格は取りたい。でも費用がかかるのは避けたい」という方は、強い意志をもって独学で資格をゲットしましょう!その場合は、しっかりとした学習計画を立てること、集中できる学習場所と時間の確保が必要です。

独学の場合は、どんなテキストがいいか、どんな書籍がためになるか、情報収集をきちんとしてから購入した方がいいでしょう。

専門スクール、通信教育、独学、いろいろな学習法があり、それぞれにメリットとデメリットがあるものです。それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで、自分ならどの学習法がいいのかを考えてみましょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析