主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

社会福祉士

社会福祉士とは

社会福祉士

高齢化が急速に進む日本。
2013年には人口の4人に1人が65歳以上になるといわれています。
このような社会情勢の中で、福祉社会を支えていくリーダーとして今後期待が求められているのが「社会福祉士」です。

仕事内容は、福祉サービスを利用する人たちの相談を受けたり、ニーズに応じたサービスや施設などを提示したり、自立に向けた継続的な援助を行うのが主な仕事内容でしょう。

ここがおススメ

  • 高齢化社会でますます資格取得者のニーズは期待が集まる
  • 福祉サービスのスペシャリストとして評価と信頼が得られる
  • 行政機関から民間企業まで、就職や転職には絶対に困らない

資格取得のポイント

試験は19科目目から幅広く出題されるので、出題傾向を的確につかむことがポイントです。
狙いを定めた学習が必要になってきます。

回答方式は選択肢式なので、制限時間の中で要領よく回答する受験テクニックを身につけておくのが合格できる秘訣です。

将来はこうなるだろう

社会福祉士

超高齢化に向けて福祉サービスを求める人たちは増えるばかり。
しっかりと福祉社会を支えていくリーダー的存在はなくてはならない貴重な存在となるはずです。

大変な部分も多いですがそれ以上にやりがいや生きがいを得られます。
誰かのために役に立っているという実感もわきやすい職業であります。

福祉施設や行政機関はもちろんですが、近い将来増加してくるであろうシルバー産業系の民間企業でも広くも求められると予想されます。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析