主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

理想的な「資格」の取り方

理想的な「資格」の取り方

”たくさん資格を持っていればいい”とか、”、とても難しい資格にチャレンジすることこそが素晴らしい”とか、そんな考えを持っている人が世の中にはいるようですね。
しかし、それって本当にそれって理想的な資格の取り方なんでしょうか??

これからどんな仕事がしたいの?

まず、はじめに考えたいのがこれからどんな仕事をしたいのかです。
仕事をすでにしている人であれば、今の仕事で必要な資格はなにか?でしょう。

めざす職業や自分がやりたいこととは全く関係のない資格をとっても結局は時間と労力、お金のムダです。
結局、履歴書に書くだけの程度にしかならなかったということになってしまいます。

関連性のある資格を探そう

もう一つ考えたいのがその資格のまわりにはどんな関連の資格があるのかこれも調べておいた方がいいと思います。

たとえば、Aという資格がほしいとします。
しかしこれはとても難しい資格です。
簡単には取れそうもありません。
しかし、いろいろと調べてみるとBという資格も同じ業務で使えそうです。
これはAほど難しいものではなさそうです。

まずは、Bという資格をとってそのうちAに挑戦するときに一部の資格が免除されたりするケースもあるようです。
そのほかにも受験資格が与えられたりするようなケースもあるかもしれません。

【例】

事務系での最高の資格といえば、「秘書検定」ですね。これは、先ほどのワープロ能力や英語能力などの内容が含まれています。最高レベルの1級を取るためには、それらの検定の等級の資格が条件とされているので、資格の合わせ技が近道となるでしょう。

「数」よりも「組み合わせ」で

先ほどもいいましたが、”たくさんの資格を持っているからよい仕事に就ける”とはいいきれません。
何種類もの資格を持っているけど仕事に活かせていない人、難しい資格にチャレンジしても無駄に終わっている人、そんな人も何人か知っています。
はっきりいって資格とは仕事に活かせてナンボのところがあるからです。

肝心なのは資格のチョイスの仕方。自分は、何をウリにしたいのか、を明確化して、使える資格にターゲットを絞ること。
資格を持つにしても、「数」ではありません。「組合せ」が大事です。

【例】

たとえば、英語に自身のある人は、【秘書技能】を身につけておくといいですね。外国人のお客さんがあったとき接客のほかに通訳ができる人材は、何より会社にとって貴重な存在ですよね。

リフォーム会社に勤めながらインテリアコーディネーターとして活躍したいなら、主婦ならではのセンスや間隔をアピールするために【キッチンスペシャリスト】という資格をとるのも一つの方法ですよね。

【結論】理想的な「資格」の取り方とは

理想的な資格の取り方は、まず、核となる資格をひとつ取得します。
そして、それに関連した資格を複合的に取っていく。
これがベストな資格の取り方です。

ポイントは、「やみくもに数をとるのではない」ということ。
「核となる資格に関連したものである」ということです。

活動できるフィールドを広げるためにも、自分の強みの価値を強めるためにも、複合で資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

その資格は仕事に活かせますか?

「過去の経験」「やりたいこと」のキーワード探し

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析