主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

保育士

保育士とは

保育士

子どもたちの元気な声と笑顔に囲まれながらやりがいのある仕事、それが保育士です。

保育士の多くは、保育園や乳児園、障碍児関連施設などの児童養護施設で仕事しています。
他にも、映画館や美容院での託児所、無許可保育所、ベビーシッターなど、働く場所はたくさんあります。
一時は、少子化の影響により「保育士も働き場所がなくなるのでは?」という心配がありましたが、現実は、その反対のようです。
女性たちの職場復帰や核家族化の影響で保育士のニーズは高まりつつあります。

年齢制限がない、というのも保育士のいいところ。
ということもあり、体力が続く限り働くことが可能です。
フルタイムではなく、パート勤務をする保育士さんもいるようです。

この資格のメリット

保育士としての経験が自分の子育てにも役立ちますし、逆に、出産や子育ての実体験が仕事の面でも活きてくるというメリットがあります。

ここがおススメ

  • 結婚、出産後の転職や再就職にも有利
  • 生涯にわたり役立つ資格
  • 一時保育などのパート求人もあり働き方も選べる
  • 自分の子育てにも役立つ

仕事はここにある

  • 公立、私立の保育園
  • 企業内保育所
  • デパートや映画館などの託児施設
  • 保育ママ
  • ベビーシッター
  • 児童養護福祉など

資格取得のポイント

保育士の資格の取り方には、おもに2つのコースがあります。

一つ目が国が指定する短大を卒業することです。
無試験で保育士資格がもらえます。
これが一番の近道ですね。
保育士&幼稚園教諭とダブルライセンスの取得も可能です。

二つ目が、保育試験に合格することです。
大学や短大を卒業しているか一定の実務経験など、保育試験の受験資格にはいくつか細かな規定がありますので、かなラス保育士試験の指定試験期間である「保育士試験事務センター」に問い合わせてみてからにしましょう。

女性の資格

保育士試験は受験科目が多いですし、実務試験もある難しい試験です。
独学では難しいと思います。
保育士になりたいのであれば、スクールに通うか、通信教育で学ぶか、のどちらかのコースがいいでしょう。

将来はこうなるだろう

保育所利用児童の数は年々増しています。
保育所の入居待ちの待機児童が約2万6千人もいて、今後も保育士のニーズは高まる一方です。
活躍の場所も保育園だけでなく、保育ママやベビーシッター、児童福祉施設、企業や病院内にある保育所、ホテルやデパートなどの託児所など、活躍の場は広がるばかりです。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析