主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

介護福祉士

介護福祉士 とは

介護福祉士

介護福祉士とは、社会福祉法や介護福祉法に基づいた資格で、身体的または精神的な障害により日常生活(入浴や食事、排泄など)に支障のある人たちを介護するスペシャリストのことをいいます。
そして、介護のプロとして、「どのような介護をしていったらいいいか、自立を妨げない円滑な社会活動を送れるか」ということを指導する立場でもあります。

この資格はどうやったら取れるの?

介護福祉士になるには、いくつかののコースがあります。
(※コースによっては国家試験を受けなくても資格がもらえます。)

介護福祉士になるまでの主なコースは、

  • 福祉系大学/短大/専門学校 → 介護福祉士養成施設(1年)→ 資格取得(試験なし)
  • 高校→介護福祉士養成施設(2年)→ 資格取得(試験なし)
  • 福祉系高校→介護福祉士国家試験 → 資格取得
  • 3年以上の介護実務経験→介護福祉士国家試験 → 資格取得

などです。

これら国家試験は、合格率が50%以上となっており、意外と難しい試験ではないようですね。

仕事はここにある

  • 特別擁護老人ホーム、デイケアーセンター、障害者の福祉作業所、社会福祉施設などがあります
  • 在宅で生活している要介護者のもとに通う訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士の資格を有している人が多くいます。

資格取得のポイント

介護福祉士になりたい」と思っても行動しなければなれません。
資格取得のためにまずやるべきことは、通信講座やスクールの資料を請求するという方法です。
この資料の中には、最近の介護福祉士の必要性(ニーズ)や傾向について書かれているので、一度目を通しておいた方がいいと思います。
しかも、資料請求は無料ですし、しつこい勧誘もないので安心です。
1社だけではつかめにくい部分も2社、3社と資料を請求することで、それぞれの会社の違いや特徴をしっかりとつかむことができるというのも、かいこい資格取得のスタートラインにつく方法でしょう。

将来性はこうなるだろう

介護福祉士

介護福祉士は、1987年に生まれたまだ新しい国家資格です。
介護の専門職として期待されている仕事で、介護福祉士の資格を取得すれば、ホームヘルパー1級の資格ももらえます。
この介護福祉士の資格があれば、福祉系への就職はかなり有利になることは間違いありません。

また、介護福祉士ホームヘルパーは、どちらもよく似た介護の資格ですが、一応「ホームヘルパー=在宅介護」、「介護福祉士=施設での介護」と分かれているということを理解しておきましょう。
とはいっても、実際には両者の境界はあいまいなこともあり、将来的には、ホームヘルパーの資格を廃止して、介護福祉士に統一する方向で進んでいるのも現状です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析