主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

介護事務

介護事務とは

女性の資格

介護事務は、”福祉事業をデスクワークで支える”立派なお仕事です!
介護事務の仕事といえば「介護報酬請求業務」がメイン。
ほかにも利用者や関係業者との電話対応やホームペルパーの勤怠管理などもありますね。
ケアマネージャーをサポートする、ということも介護事務の大きな役割ともいえるでしょう。

介護報酬の請求というのは施設によって経営にかかわるもっとも大切な重要な仕事なので責任もありますが、やりがいもそれだけ感じられるはずです。
高齢化が進み介護施設の増加や増員が求められています。

今後ますます期待される資格であることはまちがいありません。

ここがポイント

ニーズの増加に対して、まだまだ資格保有者が足りていません。
資格の難易度も低いため、早期の取得が可能なのもおすすめポイントですね。

こんな人に向いている

  • 介護の分野で働いてみたい方
  • 身近に介護サービス利用者がいる方
  • 結婚、出産後も働き続けたいと思っている方

仕事はここにある

  • 病院
  • 在宅介護サービスの民間事業者
  • 訪問介護ステーション
  • 老人健康施設
  • 在宅介護支援センター
  • 介護サービス人材派遣業

資格について

画像の説明

介護事務資格は、年に6回ほど実施されています。
合格率は、60%くらいなので難易度はそれほど高くないでしょう。
会場試験と在宅試験の2パターンがあります。

『生涯学習ユーキャン「介護事務」』など指定の講座に合格すれば、在宅試験の資格が手に入ります。

将来はこうなるだろう

介護サービスの利用者はこれからどんどん増加するでしょう。

ケアマネージャーが多忙を極める中、サポート全般を行う専門スタッフの必要性が高まってきます。
働き口には困らないので育児がひと段落した女性たちの注目の資格となることが予想されるでしょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析