主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

主婦が資格をとるメリット

主婦が資格をとるメリット

女性の資格

今、女性たちの間で「資格取得」はブームです。
独身女性だけでなく、子育中の主婦、子育てが一段落した主婦の間、年齢を問わずに資格を求めている女性たちが増えてきています。

「会社帰りに○○の学校に通っている」「子育ての合間を利用して○○の通信講座でヘルパーの資格をとった」「TOEFLめざして英語のテープを通勤時間に聞いている」など、転職やステップアップをめざしているOLさん、再就職をめざす主婦の方などは、何らかの資格を取るのはブームを超えて、当たり前の時代に突入したのかもしれませんね。

今現在働いているOLの方ならまだしらず、なぜ、今現在働いていない主婦も「資格」をほしがるのでしょうか?主婦が資格を取るメリットをここでお話しましょう。

(1)年齢を気にすることなく一生働けるから!

主婦が資格を取るメリットとして一番に思いつくのが、『年齢を気にすることなく一生働き続けられるから』というのがあげられます。

国民生活白書によると、たとえば、短大卒のOLさんが定年まで退職なしで働いた場合、生涯資金は、2億3600円になるといいますが、出産育児で一度退職して、フルタイムで再就職したケースだと生涯賃金は、退職しなかったケースと比べて、約6000万も少なくなるそうです。年収がもっと低い100万円のパートだとその差はもっと大きくなるそうです。1億8500円くらいも少なくなります。

専門性の高い資格を持っていれば、出産や育児によるブランクを気にすることなく職場に復帰できます。
企業側としても自分の会社に貢献してくれる資格取得者を採用したくなるもの。再就職という面からも資格を持っている方は有利というわけです。

(2)自分に自信をもつため

自分に自信を持とう

「自分は何にも取り柄がない」という主婦の方もたくさんいるでしょう。しかし、資格を取ることで自分に自信を持てるようになったという女性たちをたくさん知っています。

主婦の仕事というのは形が見えずらいです。どんなに立派委に毎日の家事や育児をやっていても形として残らないのでなかなか自分にも家族にも評価されにくいものがあります。

しかし、勉強をして自分の力でとった資格というのは、立派なカタチとして残ります。
「自分でもこれだけのことができたんだ」という一人の人間としての自信につながります。
もっと実力をつけたいという意欲にも繋がるかもしれません。
それに子どもたちにも「やればできるんだ」ということを実体験で証明させられるのはいいですよね。

主婦は、『自分に自信をつけるために』自分自身を認めるために、形として残る資格をほしがっています。

(3)生活に潤いとゆとりが生まれる

生活にゆとりができる

資格をとって仕事にでれば、収入も当然増えます。生活にゆとりが生まれます。『生活にゆとりができる』これが主婦が資格とるメリットの3つ目です。

資格がなければ入れない会社にも再就職できますし、自分のやりたい仕事にも就けます。
そして、会社によっては資格手当がでるところもあるようです。

派遣社員として働くときも、パソコンに関連する資格や通訳など、評価されやすい資格をとっていれば、資格を持っていない人よりも必ず時給アップに繋がるはずです。
資格は収入アップにつながる強い武器となります。

家計がラクになって生活にゆとりが生まれれば、精神的にも余裕が生まれてくるはず!
その分だけ家族のしあわせにつながった、という主婦の声もたくさん聞こえてきています。

本気で資格取得を求める主婦がでてきたのは、これらのメリットがあるからです。
「この資格じゃなきゃダメ!」とか、「この資格を取っていたほうがいい!」決まりはありません。『自分に合った資格』をぜひとも見つけて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【関連ページ】

理想的な「資格」の取り方
「過去の経験」「やりたいこと」のキーワード探し
ワークスタイルで考えてみよう

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析