主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

ワークスタイルで考えてみよう

ワークスタイルで考えてみよう

資格を選ぶポイントとして、ワークスタイルから考える方法もあります。

ワークスタイルとは、勤務形態のことです。
「正社員」「パート」「派遣スタッフ」「在宅ワーク」「フリーや独立開業」などあります。
これらワークスタイルを決めることで、とっておきたい資格の方向性も見えてくるでしょう。

正社員

正社員になれば福利厚生面が整っていて安定した給料が支給されます。
ただし、時間的に自由がきかないので、学校行事や子どもが急に熱をだしたといった場面でもなかなか休めないのが現実です。

正社員で人気の仕事といえは、事務職や販売、SEなどコンピューター関連などがありますね。
事務職ならば、【マイクロソフトスペシャリスト(MOS)】や【簿記】や【秘書検定】などが人気のようです。
もちろん【保育士】など専門職も正社員でばっちり働けます。

パート

パート勤務のメリットといえば、時間に融通が効くところです。
1年以上勤務し、労働時価にゃ出勤日数などの条件を満たすことで雇用保険にも加入できます。

収入がかぎられるのがデメリットです。

パートの代表格といえば、販売や専門職の助手などでしょう。
活かせる資格は、【販売士】【医療事務】【介護事務】【保育士】【管理栄養士】【調剤薬局事務】などはいかがでしょう?

派遣スタッフ

働ける時間帯や勤務地などをあらかじめ希望しておきます。
それに合わせた働き方ができるのがメリットです。
つまり、フルタイム、週4日勤務など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるというわけです。

職種や能力、持っている資格によって時給がちがってきます

派遣スタッフはプロフェッシャルな仕事を求められます。
仕事内容としても事務から、番役、秘書、調査、テレマーケティング業務、など幅広い分野があるようです。
主婦の方はやっぱり、事務職を希望されるケースが多いみたいですね。【簿記】や【マイクロソフトオフィシャルスペシャリスト(MOS)】【日商PC検定3級】などはとっていたい資格です。

ほかにもこのような例が・・・

  • 月に一週間くらいペースで仕事がしたい  →  医療事務
  • 在宅で仕事ができるようになりたい  →  POP広告クリエイター、ワープロ検定

・・・などです。

それでも、自分がほしい資格が分らない・・・。

これらはあくまでも代表的な仕事と資格であって、ほかにもいろいろな仕事や資格があります。
「どのような仕事にどんな資格がマッチしているのか」気になる方もおられるでしょう。
そんなときは、思い切って講座のサイトからとりあえず無料で資料請求してみるという方法もあります。

わたしも興味のある資格をみつけるとすぐに資格講座を無料請求しちゃっています。
イラストなどを入れながら丁寧にわかりやすく書かれてよかったです。

また、資料請求の最大の魅力は、「お金がまったくかからないのに情報が手に入る」というところでしょう。大手であればしつこい電話勧誘はありませんから、安心です。

資料請求したからといって、どうしてもこの講座を受けなければいけないわけではありません。「この資格は、自分に合っている講座かどうか」を判断する方法として最適だと思いますよ。

おススメの通信講座はこちらです。
(資料請求は無料です。)
    ↓↓↓

パンフレットを取り寄せて、それぞれの講座の特徴を比較しながら自分にあったものを選びましょう。

関連ページ

その資格は仕事に活かせますか?

「過去の経験」「やりたいこと」のキーワード探し

主婦に人気の「資格」って何!?

理想的な「資格」の取り方

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析