主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

ファイナンシャルプランナー

 ファイナンシャルプランナー とは

ファイナンシャルプランナー

今や「自分の資金は自分で守り、それを運用していく」のが当たり前の時代になりました。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金に関わる知識をベースとして顧客が望んでいるライフプラン(生涯生活設計)を実現させるためにコンサルティングを行う、ライフプランの総合アドバイザーです。

保険、税金、年金、不動産など、豊富な知識と幅広い視野を持ちながら、資産設計の提案ができる人材として、金融機関をはじめ、不動産、保険業界など多くの業界で注目が集まっています。

たとえば、不動産業界では、住宅取得の税制や住宅ローンについて
金融機関であれば、金融商品の知識など、一般企業では、年金などの知識を活かして、総務部の福利厚生関係の仕事もできます。

ここがおススメ

  • 金融業界をはじめてとして、幅広い業界への再就職が可能!
     キャリアップにも有利につながる
  • 将来はフリーや独立という選択も十分に可能
  • ここで学んだ知識が自分の家族の人生設計に役立つ

この資格でをゲットで広がる可能性とは?

ライフプランニング

年金関連は専門家のニーズが高い分野です。

【関連資格】… 社会保険労務士、DCプランナー

リスクと保険

複雑な保険システムの中から自分のベストな保険を選ぶのは難しい。
「今入るべき保険は何だろう…?」の不安を解消できる。

【関連資格】… 保険外交員、社会保険労務士

金融資産運用

貯金、債権、株式、投資信託など資産運用の選択枠が多い。

【関連資格】… 証券外務員、証券アナリスト

不動産

不動産取引での法律、税金の判断は素人には難しい。
住宅ローンや不動産売買について幅広い知識で有効活用。

【関連資格】… 宅建、マンション管理士、

タックスプランニング

税金に関する知識は私たちの生活にも身近な存在。
法人税や所得税にとどまらず、幅広い知識が求められる。

【関連資格】… 税理士、公認会計士

相続、事業継承

非課税枠などの仕組みを知ることで相続税に事前対策できる。
法人分野では、経営者にとって必要な人事、行政法、商法などをアドバイス。

【関連資格】… 税理士、行政書士、中小企業診断士

資格をとることができる人

  • 日本FP協会認定の研修を修了した方
  • 3級FP技能検定に合格した方
  • FP業務に2年以上の実務経験を有している方

資格取得のためのポイント

女性の資格

日本FP協会の認定を受けている機関で勉強する方法が一番スムーズに合格が狙えると思います。
たとえば、ユーキャンの講座などです。
1回の試験でFP協会の「AFP」資格と「2級FP技能士」の両方を手に入れることが可能。
1度の試験で、2つのライセンスが同時に手に入るというわけです。
試験は、年間3回実施され、60%以上の正解で合格です。ぜひとも短期取得を狙いましょう。

資格を上手に活かそう

金融機関をはじめ、不動産、保険業界など多くの業界で注目が集まっているファイナンシャルプランナーですが、FPの知識が活用できるのは仕事面ばかりではありません。

「教育資金」「老後の蓄え」「住宅の購入」など、プライベートの面でも大いに活用できると思います
これから生涯にかかるお金を計画的に準備したり、使うことができるので、自分や家族としてのライフプランづくりにも役立つでしょう。
大いに活用してみてください。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析