主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

サービス介助士(準2級)

サービス介助士 とは

サービス介助士

今、サービス介助士という職業に注目が集まっています。
このサービス介助士というのは、体の不自由な方やお年寄りの方に対する介助をする人のことをいいます。

サービス介助士は、一日中からだの不住な方やお年寄りにくっついて介助を行うというのではなく、あくまでも、困っている方が困っている場合に手を差し伸べることが仕事となります。
このサービス介助士という職業は、サービス業(ホテルやレストランなど)では欠かせない存在になってきつつあります。

日本は今後高齢化社会がさらに進むと考えられています。この点からいっても、サービス介助士のような人が必要とされてくることは間違いありませんね。

ただし、サービス介助士になるためには、資格を取得する必要があります。「自称」サービス介助士では、通用しないのでその点だけはお忘れないように。

こんな人に向いている

  • 販売や接客などサービス業で働いている方
  • 福祉関係の仕事に携わっている方
  • 日常で役立つ介護の知識を持ちたい方

サービス介助士の資格について

サービス介助士の資格には、【サービス介助士準2級】という資格があります。

このサービス介助士準2級は、サービス介助士2級という資格がありますが、そのすぐ下という位置づけで、介助のサーポート業務を主要な業務として行うことができる資格となります。

最近では、新商品を開発する場合にも、高齢者や障害者の存在を意識しながら開発するケースが多くなってきました。
そこでサービス介助士準2級の資格を持っている人が介助の観点から商品開発についての意見やアドバイスを求められることもあるようですね。

ということで、いろいろな場面からも、今後、サービス介助士準2級の資格取得者への社会のニーズが高まり、とくにサービス業に就きたい場合は資格を持っていると有利に働くでしょう。

資格のこんなところがおススメ

  • 身近な高齢者や障害を持っている方と上手に接することが可能
  • 講座が終わったらそのまま資格取得になる。
    在宅でいつでも受験ができる

将来はこうなるだろう

高齢社会を支えていくにあたり、正しい介助知識を身につけることのできる「サービス介助士」は、今後その重要は高まると思います。
介助を必要とする方が安心して外出できるような機械が多くなれば結果的に暮らしが豊かになるでしょう。

たとえば、スーパーなどであなたが働いていたとしましょう。
「このお店にはサービス介助士がいるんだ」ということが、高齢者や障害をお持ちの方に分れば、安心して来店できます。それがお店の利用者数層や売り上げにもつながるため、従業員に資格取得を求める店長もいるようです。

活躍の場は、スーパーだけではありません。ホテルなどの観光宿泊場所、金融機関、駅内や空港内など、いたるところで活きる資格になると予想されるでしょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析