主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは

ケアマネージャー

その中で介護福祉制度の運営に携わるケアマネージャー】は今後必要とされるべき資格のひとつです。

ケアマネージャーのおもな仕事は、要介護者からの相談に乗り、要介護者の状況に応じた適切なサービスができるよう、市町村や意住宅サービス業者などの連絡調整を行うのことです。
また、ケアプランの作成、給付管理などもありますね。

この資格を取ることで福祉社会でのスキルを広く、そして深く身につけることができます。

こんな人に向いている

医療、福祉、介護などの現場に携わっている方

資格をとることができる人

女性の資格

ケアマネージャーは、すぐに取得できる資格ではありません。
といっても、試験が難しいというわけではなく、専門職としての5年、もしくは10年の実務経験が必要となってくるからです。

ケアマネージャーになる方法で一番多いのが、看護師や理学療法士などの「医療系国家資格」を持っている方、社会福祉士介護福祉士などの「福祉系国家資格」を持っている方が、5年以上の実務経験を積んだ後に、ステップアップとしてケアマネージャー資格を取得するというケースでしょう。

資格取得のためのポイント

ケアマネージャーは、まだできて間もない資格です。
そのため、300万を超える需要があるにも関わらず、まだまだ人手が足りません。
試験はけしてラクなものではありませんが、試験対策の手法はかなり確率されているといわれています。
スクールに通うという方法もありますが、通信教育でも充実しているところであれば、合格率も平均よりもかなりアップです。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析