主婦や女性に人気の「資格&技能」ナビマップ

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター とは

カラーコーディネーター

私たちの生活を見渡してみてください。
実にいろいろな色にあぶれているということに気付くはずです。
意識上だけではなく、無意識の中でも私たちはこの色によって様々な心理的な影響を受けているのです。
このような色の特性を活かして商品カラーの決定、店舗のカラーコンサルティング、マッチする色の提案、パーソナルカラーを探して個性を引き立たせてくれる色を選んだり・・・、「色」をつかって毎日の生活を心豊かにするために活躍してくれるのが、カラーコーディネーターの仕事です。

試験に合格する価値はもちろんですが、自分自身のセンスアップにも繋がるので、女性に人気の理由がうなづけますね。

ここがおススメ

  • 空間や製品を自分の感性とセンスで演出できる
  • 高収入も実力で可能!

こんな人に向いている

女性の資格

ファッションやインテリアに興味のある人がめざすケースが多いようです。
働きたいと思うなら最低でも1年くらいは色にまつわる勉強をしておいた方がいいでしょう。
この資格を活かすために自分は、『自分は「色」をつかって何がしたいのか』を前もって考えておいた方がよいでしょう。

仕事はここにある

企業に就職する場合と、コンサルタントとしてフリーで活躍する場合が考えられます。
その場合は、おもにアパレルメーカーや化粧品、インテリアなどが多く、デザイン室で新商品の企画に携わります。
フリーの場合は、カルチャースクールの講師、トップエグゼクティブ向けの個人コンサルタントや美術スタッフとして参加するなど活躍の場は広がってきています。

資格を上手に活かそう

カラーの資格は、資格だけで仕事をするのはなかなか難しいと思われます。
カラーコーディネーターの資格とともに、それにプラスの何かを身につけると強みになりますね。
たとえば、「ファッションに強い」とか「デザインの勉強をしている」とか「メイクに興味がある」とかです。

カラーについての知識があるだけではなく、実用的に役立てるスキルも同時に身につけた方がいいですね。

将来はこうなるだろう

社会的な評価も高いので、ファッションやインテリア、美容などの世界にはかかせない人材であると考えて、企業の方も資格取得者を優遇して採用している傾向にあります。

個性の時代といわれる今日、自分の個性を強く表現したいという人が増えています。企業でも商品に付加価値を与えるため、トレンドの線最短を敏感にとらえることのできるカラーの専門家は、今だけでなく、将来的に求められることが予想されています。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析